一夫多妻制についての意見

一夫多妻制というのがある国もありますが日本では現在一夫多妻制ではないです。実際一夫多妻制にした方が良いという側面はありますが、倫理的に問題があって一夫多妻制は取り入れる事ができないというのが現在の日本の現状であると言えます。

一般的に見る一夫多妻制のイメージ

世間では一夫多妻制はどういう風に見えるかというと結婚制度の否定という見方が強いです。それは一夫多妻にすれば特定の一人の女性を男性が愛さない事になるからです。それが女性から見て面白くないというのがあります。まただ男性の側から見ても一夫多妻制はあまり良いイメージがない人が多いです。

それは結局一夫多妻制で男性の負担は経済的な問題だけでなく精神的な負担も増えると思っている人が多いからです。なので世間のイメージでは一夫多妻制は良い面もあるとは思っていますが負担も大きいという気持ちが強いです。

他所にも子供が居る人のイメージ

実際にいろんな所に子供がいる人を想像したら女好きな旦那さんというイメージがあります。普通に考えていろんな所に子供を作ろうとは思わないというのがあるからです。なのでいろんな所に子供がいる人のイメージは家族を単純に増やしたいと思っているというよりは女好きな人というイメージが強いです。

なぜなら、そこまで女好きではない人はいろんな所に子供を作るという事はないからです。なので他所にも子供がいる人のイメージは子供好きという風には思えないです。

自分にとって一夫多妻制とは

私にとっての一夫多妻制というのは単純にひとつの仕組みとして考えればとても効率が良いという風に思えます。なので一夫多妻制自体を否定するつもりはないです。
ただそのためには一夫多妻制を受け入れる事ができる土壌をしっかり作っておかないといけないと思っています。

なぜなら今の日本人の考えではまだ一夫多妻制を導入するのは無理だからです。そして一夫多妻制を取り入れるなら女性が傷つかないようにするにはどうしたら良いかもしっかり考えないといけないです。

まとめ

結局一夫多妻制自体は制度としてはそこまで悪くないと思いますがそれを日本で導入するにはまだ色々問題があるというのがあります。結局女性がこれを素直に受け止める事ができるかという問題が大きいです。実際に一夫多妻制を導入して一番被害を被る事になるのは女性という事になります。

なぜならこれは男性は複数の女性と結婚できますが女性は一人の男性としか結婚できないという点が問題があるからです。なので女性の側からすればどうして男は複数の女性と結婚できて女はできないのかと思ってしまうからです。その点の問題をクリアできないと日本では一夫多妻制を導入するのは難しいです。なので現状では日本で一夫多妻制は無理でですが一方で最近の不倫騒動を見て一夫多妻制にすれば良いという人が出てきているというのも確かです。