一生一人の人だけという意見

最近は不倫について色々話題になっていますがそういうのを見ているとみんな不倫をしているような気がしてきます。ですが、実際はそういう事はなくて不倫とは無縁な人もいます。なぜなら誰でも不倫できるような事はないからです。

でもなんとなく結婚している人の多くが不倫をしているような感じが最近の不倫報道を見てますますそう感じるようになっているというのがあります。でもそれはただの思い込みで実際はそういう事はないです。

一般的に見る一生一人の人だけという人

世間では一生一人のしか知らないという人は本当にそんな保人がいるのかというイメージがあります。つまり口では一生一人のしか愛した事がないと言っていてもそれが本当かどうかは疑わしいというイメージがあります。

それは世間の多くの人が一生で一人の人しか愛した事がないという事がない事からそういう事を言う人をあまり信じていないというのがあります。また実際に一人しか愛していないと思った時もあまりモテなかったと思う人が多いです。

一生一人の人!という人から見た浮気の重大性

一生一人のしか愛さないという人から見ると浮気をするというのはあり得ないという気持ちになります。なぜなら一生一人のしか愛さないという人は浮気をするような人とは違って一人の人をずっと大事にしたいという気持ちが強いからです。

なので一生一人しか愛さないという人からすれば浮気をするなんて本当にあり得ない事です。パートナーを裏切ってまで浮気をするなんてそんな事はできないと思っています。また自分も浮気をされたくないと思っているというのがあります。それほど浮気をする事は悪いという意識があります。

自分にとって浮気するという事は、されるという事は

自分ににとって浮気をするという事はパートナーを裏切る行為以外のなにものでもないです。それは浮気をすればパートナーを傷つける事になるのは間違いないからです。なので浮気をする事はそれがきっけかけで離婚する事になっても仕方ない事だと思います。

また逆に自分が浮気される事も自分が裏切られたという気持ちになるので浮気をされるのも同じく絶対に許せない行為です。それは自分も絶対に浮気をしてはいけないという強い気持ちがあるからこそそういう気持ちになるというのがあります。

まとめ

結局一生一人のしか愛さない人ほど浮気に対してすごくシビアに考えているというのはあります。なぜなら、浮気をするなら結婚自体無意味だと思っているからです。ずっと一人の人を愛せないなら結婚をしなければ良いと思っています。なので一生一人しか愛さないという人ほど浮気に対して厳しいというのがあります。

それは浮気をしている人から見れば信じられないかもしれないですが家庭を大事にしたいという気持ちが強い人ほどそういう傾向にあります。