浮気した後の後味の悪さ~男性側~

浮気中は浮気相手を求める気持ちのせいで正常な感覚は麻痺しています。が、行為を終えて冷静さを取り戻すと色々な感情が襲ってまいります。
私は男性なので男性視点から浮気した後の後味の悪さや感じ方について感想を述べさせていただきます。

一般的に見る浮気

一般的に浮気は男性の方が多い印象ですね。もしくは男女共に浮気率は同じですが、男性の浮気はバレやすく女性の浮気はバレにくい傾向のせいで浮気=男性という印象が強いのかもしれません。

基本的には男性は妻や彼女というパートナーがいても、他の女性に興味を持ってしまう。精神的な部分はパートナー依存でも性欲は別物で、この性欲のせいで他の女性と浮気をしてしまうといったものではないでしょうか。とはいえ男性にとって大事なのは本命のパートナーなので、いかに浮気バレしないように浮気をするかが命題となってる気がします。

とくに男は浮気に関しては、女性ほどの罪悪感を持っていない。貞操観念が女性よりないと言っていいだろう。下半身の本能は『浮気は男の甲斐性』と正当化している。

引用 浮気がばれた男の心理

実際にしてみてどうだったのか

私は浮気をしていますが、浮気相手との行為を終えるまでは妻に対して罪悪感等は一切ありません。浮気相手と関係を持ちたいという気持ちで一杯ですし、関係を持ってる時は快感に酔いしれてます。

しかし行為を終えて性欲が全身から抜けると、冷静さを取り戻します。この状態を一般に「賢者モード」なんていいますよね。賢者モードになると、妻を裏切ってしまったという罪悪感と妻にバレないだろうかという不安で一杯になります。こういった気持ちがあるので、帰宅時には妻の好きなものをお土産に買ったり、マッサージをしてあげて罪悪感が薄れるようにしています。

自分にとって浮気とは?

自分にとって浮気はありです。もちろん浮気を終えてからの賢者モード時には妻に悪いなという罪悪感で一杯になります。でもそれ以上に浮気には利点があると思ってるからです。

これは私の性欲が強いせいです。私は4三日に一回ペースでしたくなるほどの性欲をもってます。しかし妻のペースを考えると無理です。翌日が休みじゃないと、妻には負担が大きいらしいんです。だからといって週1ペース(月4回)で出来るわけじゃありません。女性は生理がありますし、その日の気分でやる気が出ない時もあります。結局妻のペースを考えると月2.3回が限度。私の希望は三日に一回、つまり月10回ぐらいしたいわけです。私主体で妻に求めると妻はヘロヘロですし、妻に合わせれば私は欲求不満でイライラ状態に。しかし他の女性相手に溜まった性欲を吐き出せば、問題点はすべてクリア。円満な関係を築くためにも浮気は有効だと思います。

まとめ

男女での性欲の相性ってとても大事だと思います。性欲にズレがあると、どちらか一方は常に不満を抱えることになるわけです。この不満が離婚の原因になったりします。しかし浮気をすることで不満を解消出来れば、夫婦関係は良好です。しかもパートナーを裏切って浮気をしたことで罪悪感が発生し、相手に優しくもなれます。まあこれが相手に不信感を持たせてしまうキッカケにもなるので気をつけて欲しいんですけどね。

ただ浮気をすることで欲求不満のイライラは解消、しかも相手に優しくなれるので、(バレなければ)浮気自体は悪いことではないと思います。